健康茶 ゴーヤ茶

ゴーヤをまるごと粉末にしました

 

保存方法 密封し、直射日光・多湿を避け、冷暗所に保存。
賞味期限 製造日から10ケ月
原材料 にがうり、発芽玄米、天然オリゴ糖、人参、かぼちゃ、さつまいも、小松菜、しいたけ、昆布、キャベツ

 

■ゴーヤ茶粉末(国産)50g、お試し1袋 税抜 750円(初回限定)
■ゴーヤ茶粉末(国産)50g、1袋 税抜 950円
■ゴーヤ茶粉末(国産)100g、大袋1袋 税抜 1405円

 

初回のお客様限定のお試しサービス→お試し75g、750円(税抜)

ゴーヤ茶って苦いって聞くけどどうなの?という不安からご注文を控えている方も多いようです。そこで、初回の方でもお試し感覚でご購入いただけるように「お試し50g、750円(税抜)」を販売中です。初回のお客様限定とさせていただきます。

 

発送方法はメール便、代金引換は不可となります。1度試してみたいという方はぜひこちらの「お試し50g」をご購入ください。毎月先着100袋限定です。お早めに!

 

■ゴーヤ茶粉末(国産)お試し50g、税抜 750円

商品説明

熊本県産のゴーヤを使用し、種子ごと、わたごとスライス、乾燥したものを微粉末にしました。さらに野菜粉末をブレンドした健康茶です。もちろん無添加。ゴーヤ茶と聞くと「にがい、まずい」という印象をお持ちの方も多いと思います。苦さを抑えた飲みやすいゴーヤ茶にしたいとの思いでつくりました。全原料国産だから安心です。

 

賞味期限はどれくらいか。製造日より未開封で10ヶ月ですが、開封後は、出来るだけお早めにご使用下さい。製造工程では、一切の防腐剤、合成保存料、着色料等は使用しておりません。

 

1袋で何本分に相当するか。乾燥は生の状態から天日乾燥していて、重さが約20分の1になります。1袋に35gのゴーヤの粉末が入っているので、生ゴーヤ700gに相当します。標準的な大きさだと3、4本分です。

 

ゴーヤ茶粉末は煮出しと違って抽出も必要なく、種子も綿も茎も丸ごと摂取できるのです。ダイエット中の栄養補助にもってこい。効果・効能を感じたいなら粉末で決まりです。

 

効果的な作り方
●茶さじ軽く半分(約1g)の粉末ゴーヤ茶を湯のみに入れ、お湯を注いでお飲み下さい。量はそれぞれお好みで増減してください。1袋で湯のみ50〜60杯分。
●お茶としてだけでなく調理中の料理に入れたりもできます。
●ペットボトルで作られる場合は、最初少量のお湯で溶き、しばらくしてからお水を足してください。(この作り方で作ったゴーヤ茶は日持ちしないので、沢山作らずに24時間以内に飲んでしまってください。)

 

 

普段の生活で高血圧って意識されてますか?高血圧って自覚がないから高血圧であっても気付かないことが多いと思います。でも高血圧って結構危険なんですよ。高血圧主原因の1つが生活習慣の乱れです。

 

生活習慣の乱れが起こる原因はストレスやお酒の摂取はもちろんですが、お塩の摂りすぎも原因の1つです。お塩の摂りすぎはいけませんよ。そのお塩(ナトリウム)を排出してくれる食材がゴーヤなんです。

 

原料に使うゴーヤには、ナトリウムを排出するカリウムが豊富に含まれていますし、カルシウムもたっぷりです。苦味成分であるモモルデシンが栄養成分の源です。

 

ゴーヤ茶はおかげ様でネットにて販売開始以来、出荷数も20000袋をこえております。何故これだけ人気があるのか当店なりに考えました。まず、希少の粉末であるということ。ティーパックだとどうしても茶殻に栄養成分の多くが残ってしまい、ゴーヤの有効成分をしっかり摂取することができませんが、粉末なら簡単に作れる上、100%丸ごと体に摂取することができます。

 

もう1つは大袋や2袋1セットといった割引を実施することでリピーター様が増えているということではないでしょうか。いずれにしても飲みやすく作りやすく手頃な価格でないと続けられませんよね。

ゴーヤ茶のモモルデシンと共役リノール酸がすごい

ゴーヤの100%粉末は販売しておりません

 

ゴーヤの100%は今のところ販売しておりません。今後も販売する予定はございません。ゴーヤ茶粉末にいろんな食材をブレンドしている理由は、弊社のテーマとして「単品ばかりを摂取するのではなく、野菜や海藻などバランスよい食生活をしていただきたい」との思いがベースにございますので野菜海藻粉末をブレンドしております。

 

ゴーヤ100%粉末だと食材の成分は摂取できてもそれ外の成分が摂取できません。もう1つの理由としましてはゴーヤの苦さが苦手な方が多いということでそのような方でも抵抗なく飲んでいただきたいという意味もございます。配合率に関しましては考えて作っておりません。

 

ホームページにも記載しておりますが、1本をまるごとスライス、乾燥、粉末にしております。種をどれだけ入れて綿部分をどれだけ入れてなど部分分けして作ってはおりません。

 

乾燥ゴーヤは生の状態から天日乾燥すると重さが約20分の1になります。ゴーヤ茶50g1袋に35gの粉末を入れておりますので生で計算すると700gに相当します。標準的なゴーヤの大きさだと3〜4本分です。ゴーヤ茶の効果は粉末で摂取するのが一番と考えます。

 

沖縄の野菜として知られるゴーヤ茶ってありますよね。非常にダイエット効果が高いということで注目されているゴーヤですが、今では全国各地で栽培されています。緑のカーテンとしてお庭で栽培しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

ゴーヤ自体は独特の苦みがあります。ゴーヤの種類によってはかなりの苦さがあります。それを原料で使っているので、当然苦みがあるのかなと思っていたら以外のゴーヤ茶にすると苦さがなくなるんですね。

 

市販されているゴーヤ茶の多くは焙煎しています。この乾燥と焙煎によって苦さが軽減されるようなんです。苦み成分のモモルデシンがダイエットに非常に効果を発揮するそうです。その効果に関しては科学的にしっかりと証明されているそうですよ。

 

ゴーヤのすごいところはモモルデシンだけではありません。中に含まれるもう1つの成分である共役リノール酸という成分が脂肪の生成を防いでくれるんですね。これによって肥満を防止するのです。。この2つの成分の力によってダイエット茶としての人気が高いものとなっているんですね。

 

もちろんゴーヤ茶だけ飲んでいればダイエットできるというものではありません。普段の規則正しい食生活にゴーヤ茶をプラスするんだという気持ちで続けるといい結果が期待できるのではないでしょうか。ゴーヤ茶の効果は粉末でとるほうが消化されやすくていいですね。

レビュー

  • 血糖値対策にと母にゴーヤ茶を購入するように頼まれました。ただゴーヤを乾燥させたものではなく、綿も種も粉末にしてあるのを探していました。
  • 以前飲んでいたゴーヤ茶100%は苦いと言いながらも飲んでいました。ハチミツを入れてみたりと色々と工夫していたようです。でも野菜自然工房のゴーヤ茶は苦くないと言って飲んでいます。
  • どれだけ苦いのか想像つかなかったのでゴーヤ茶のお試しサイズを試しました。最初は、確かに苦くて飲みづらかったですが、すぐに慣れました。
  • 母はちゃんと苦みのあるゴーヤ茶が欲しかったみたいで、野菜自然工房のゴーヤ茶はちょっと苦みが足らなかったようです。