黒豆茶 健康茶

ティーバッグだから作り方も簡単でノンカフェインが嬉しい

国産のクロマメを時間をかけてゆっくり低温焙煎し、黒豆茶ティーバッグにしました。最近話題になっている黒豆の煮汁にもご利用できます。硬い豆ですので、歯の弱い方は食べるのはお控え下さい。

〜作り方〜

●急須で入れる場合、、、
急須に黒豆茶茶ティーバッグ1パックを入れてお湯を注ぎ2〜3分おいて湯のみにてお飲みください。

●煮出しの場合、、、
やかんに1リットル位のお湯に黒豆茶ティーバッグ1〜2パック入れて3〜5分くらい煮出してお飲みください。

【ご注意】どちらの作り方もお湯の量・パックの量はお好みで増減してください。ティーパックをお湯に入れたまま放置すると渋みが出たりしますのでお早めに取り出してください。まとめ作りの場合はあまり日持ちしないため、冷蔵庫で保存して24時間以内にお召し上がり下さい。

〜栄養成分〜

黒豆茶の原料に使用している黒豆は、ブルーベリーと同じアントシアニンという黒い色素が豊富に含まれています。これはポリフェノールの一種で、活性酸素をやっつける抗酸化物質です。黒豆はアントシアニンの中でも特に抗酸化作用の強いシアニジンが豊富です。

このシアニジンがすごい力を発揮します。脂肪の吸収を抑えたり脂肪を減らしてくれる効果があると言われています。つまりこの抗酸化作用によって活性酸素をやっつけて、血液サラサラや体脂肪をつきにくい体質に変えてくれます

黒豆茶に豊富に含まれる成分としては、イソフラボン・大豆たんぱく質、食物繊維、アントシアニン、レシチン、ビタミンB1・B2、サポニンなどがあります。

黒豆茶はこのような方におすすめです。
美容と健康を意識している方
ノンカフェインがいいという方
甘いものが好きな方
脂肪分・糖分が気になる方
ストレスが気になる方

レビュー

  • 妊婦なので、栄養があってノンカフェインの健康茶が欲しいということで色々試してきました。たどり着いたのがここの黒豆茶でした。
  • とても香ばしくておいしいです。黒豆茶はティーバッグなので水筒にティーバッグを入れて持ち歩いています。その日のうちに飲めるように500ccくらいで作っています。
  • 保温性のポットに黒豆茶ティーバッグを入れてお湯を入れていけばいつでも温かいお茶が手軽に飲めます。
  • 焙煎が強いので、黒豆と言うよりもきな粉な感じもします。焙煎によって香りが強くなっているのかな。でも香ばしくてとても美味しいのでリピートしてます。
  • 他のショップではもう少し安く黒豆茶を通販しているところもありますが、こっちは国産なので購入しています。

純度98%のオリゴ糖粉末はこちら 格安で送料無料